結婚のめでたさ

昨日、友人の結婚式に出席してきました*1。今まで何回か結婚式に出たけど、やはり結婚式というのはいいものだなあと思う。人生がこのうえなく肯定されている感じがする。「めでたい」というやつだと思う。

二人のこれまでを振り返るムービーとか、両親からの手紙・挨拶とか、そういうのを見聞きしていると、新郎新婦がこの世に生まれてきたのも、新郎新婦のそれぞれのご両親がかつて新郎新婦になった(結婚した)ということによるのだなあと改めて気づいて、人の歴史は「めでたい」ことの連続だと思った。

「めでたい」と言えば、人の誕生も「めでたい」とされる。「誕生日おめでとう」という。誕生日が「めでたい」のは、そもそも誕生が「めでたい」からだろう。結婚して、子どもが産まれて、結婚して、子どもが産まれて、という連続は「めでたい」なあと。

いや、本当に結婚や誕生が「めでたい」かどうかはわからない。見方によっては、結婚生活は、それ以前に単に生きていくのは、苦しいことやつらいことの連続だとも言えるからだ。特に誕生は、生まれてこなければ味わいようのない(であろう)苦しみやつらさを味わうことになるわけだから*2
結婚生活に限定して考えても、(仲がよいであろうとはいえ)異なる家庭に育った異なる性格の二人が一緒に生活するのだから、うまくいかないところ、不満や不自由も出てくるかもしれない。実際、離婚している人もそれなりにいるわけだし。

しかし、だからこそ人は誕生や結婚を祝おうとするんじゃないか。あるいは誕生や結婚に限らないかもしれない。卒業とか成人とか就職とか、そういうのも含めて、「めでたい」から祝うのではなく、「めでたい」ことにするために祝う。意志をもって肯定する。「おめでとう」の言葉にはそんな意味合いがあるのではないか。

というわけで、結婚おめでとう。

*1:出席した別の友人もその日の朝に入籍したという、なんとも「めでたい」日であった。

*2:もちろん、楽しみや喜びも味わいうるのだけど、苦しみやつらさの方が味わいやすいかもしれない。健康面とか金銭的な充実の度合いとか性格とかにもよると思われるが。

精神的に疲れたりしたときの対処法

あくまで自分の場合だけど、精神的に疲れたりやや不安定だったりしたときにどうするのがよいかを思い出したので、備忘として記事にしておく。

必要なもの

  • 休みの日
  • 寝床

やること

  • やや過剰なくらいひたすら寝る(三度寝くらい)
    • 途中で食事とかを挟んでもよい

そもそも精神的な疲れをもたらす条件の一つが睡眠不足ということもあると思うし、夢の効用で気が紛れるということもある。

夢の効用

日々の生活の文脈から途切れた、違う文脈を生きられるので、日々の生活における悩みとか疲れるポイントから距離を置ける。場合により、しばらく会っていなかった人に会えたりして気分転換になる。

まとめ

よく眠るとスッキリする。

「心が満たされる」なんてあるのか?

タイトルの通り。心が満たされることって今まであったかな。心が満たされていないか、「心が満たされる/満たされない」という概念を忘れているかのどちらかのような気がする。それとも後者は、実は満たされているんだろうか。でも後者を指して、それは心が満たされているんだ、と言われても困るかもしれない。満たされたいよなあ。だましだまし生きていくしかないのだろうね。自分を騙す詐欺師になろう。

あるいはそういう時のために芸術とか娯楽はあるのかなあ。自分で騙さなくても忘れさせてくれるような。うーん。でもそうやって忘れさせるのも、自分を騙すことの一種かもしれないなあ。騙し騙されて生きるのさ*1

追記。

こっそり読者登録しているブログ。


特に意識はしていなかったけど、人が不満から哲学を…と言っているタイミングで、自分は満たされないのを忘れよう、と言っていたわけだなあと。もちろん、満たされないのと不満が同じか違うかは議論の余地があるけども。

*1:元ネタは「どつきどつかれて生きるのさ」。世にも奇妙な物語 秋の特別編 (2008年) - Wikipedia

財布をAmazonで購入。あとネット通販のコツとか

財布を買いました。

年相応の財布を買わねばという記事を少し前に書きました。

使っていた財布は(たぶん)ナイロン製のやつだったのだけど、年相応ということを考えると、やっぱり革かなあと。そして財布は鞄ではなくズボンのポケットに入れておきたい派なので(その方が肌身離さず感が強くて安心するから)、長財布ではなく二つ折りか三つ折りを買おうと。あと、革は水に弱いと聞くので、ポケットに入れる以上、汗の影響を受けるから、撥水加工がしてあるものか、オイルレザーがいいかなあなんて思ったりして。

そんな財布をどこで買えばよいのやらと思っていろいろ検索したのだけど、やっぱりちゃんとした店で買おうとすると安くても2万円くらいしそう。この際だから2万円くらい払ってもよかったのだけど、そういう安くて2万円するような店を調べてそこまで出掛けるのは面倒くさい、もとい心理的になかなかハードルが高かった。ので、ここはまずAmazonで財布を検索してみて、「安かろう悪かろう」という商品たちを目にすれば、(自分にとっては)高級感漂うお店にも思い切って行けるのではないか、と考え、Amazonで検索してみた。「財布 革 撥水」とか「財布 オイルレザー」で。

で、検索してみると、そこまで「安かろう悪かろう」というほどでもないというね。もちろん革や縫製は高い方がいいのだろうけど、ナイロン製の財布をボロボロにしながらも10年もたせる自分なので、そこはよほど酷くなければ問題ないかなと。あとは大きさと機能面がある程度希望を満たしていれば。それで検索結果からいろいろ見ていったら、3000円ちょっとの黒いオイルレザーの三つ折り財布が目について、これはいいんじゃないかと即発注。安い。

それが最近届きました。旧財布に入っていたお金やいろいろなカードを移して(一部の不要なカードは捨てて)ポケットに入れてみたところ、なんかいい感じ。出掛けた時に使ってみたけど特に大きな問題はない。
小銭入れが前のより小さくなって仕切りもないので、小銭はいろいろ混ざったりして支払い時にだいぶ取り出しづらいかなあと唯一懸念されたのだけど、要らない薄めのカードを小銭入れのところに入れて仕切りの代わりにするという一工夫をしたら、ほとんど問題なくスムーズに使えてこれはよかった。結果、3000円でとてもお得な買い物をしたという感じ。

ネット通販のコツ(?)

思えば自分はこんな感じでネット通販で安い物を買うのが割と好きで、今使っている、自分としてはかなり使い勝手のいいリュックもAmazonで3980円で買ったし、靴もヒラキというかなり安価で売っているネット通販で買うことが多いです(2000円台とか)。
特に靴はネット通販で大丈夫なのかと周りの人によく聞かれるのだけど、いろいろコツとか大事な心構えとかがあって、それを注意すれば長期的にはあんまり大失敗はしないかなと。以下、その辺を書いてみます。

大前提:少しの失敗は許容する

ネット通販で事前に現物を直接見られるわけではないので、失敗はつきものではあります。完璧に自分が思った通りのものしか買いたくないという人は、当然ネット通販は不向きです。むしろ、買い物が成功するか失敗するかも含めて楽しむくらいの心構えでいてください。たまに失敗しても気にしない、失敗したら次に活かす、というくらいの感じ。
そういう心構えでいるためには、多少安価なものを買う(高価なものは買わない)というのも大事です。さすがに高価なものを買って失敗したら痛いので。こだわりをもって高価なものを買いたい人もネット通販は不向きです。

画像を目を凝らして見る

今回買った財布にせよ靴にせよ、見た目に関しては画像が便りなので、よく目を凝らして見るのが大事です。画像を拡大できる場合は必ず拡大しましょう。拡大すれば商品の表面の感じがよく見えるので、もちろん確実にはわからないけれど、手触りとか強度とかをある程度予測できたりします。また写ってさえいれば、縫製がどのくらい丁寧かとか、細かい情報が案外得られます。

データを確認する

たいてい商品の大きさか重さのどちらかは乗っています。cmとかグラムで数値が載っているので、例えば20cmの大きさなら、ものさしを使って20cmがどのくらいの大きさかを視覚的に体感するのが大事です。想像だけだと、思いの外実際より小さく(または大きく)想像してしまったりするので、実際に測って体感するのがよいです。

クチコミを確認する

クチコミは大事です。特に靴はサイズ感の手掛かりが得られるので確認は必須です。26cmと書いてあるけど、25.5cmじゃないの?というくらい小さい場合もあるので。あとは横幅が狭いとか。
クチコミ情報のない商品を買うのは賭けになるので、それはそれで楽しいですが、リスクは高まります。
クチコミの評価が全体的に低ければあまり買わない方がいいと思いますが、評価がバラけているときはなかなか思案のしどころです。難癖をつけるようなクチコミもたまにあったりするので、そういうのは考慮外にしましょう。

多少の短所は自分で使い方を工夫する

これは届いてからの話ですが、細かいところまで完全に思った通りのものが届くということはなかなかないですし、買っているものが多少安価ということもあるので、使い勝手がパーフェクトによいということは少ないです。概ね使い勝手はよいけれど、少し使いにくいところもある、みたいなことが多いです(それで十分成功です)。
今回買った財布だったら小銭入れにカードを入れて仕切りにするとか、あとは前に買ったリュックはポケットが少なかったので(これはまあ届く前からわかっていたけど)、バッグインバッグ(と呼ぶにはあまりにチープだけど)のようなものを別に買って中に入れたりしています。
自分の買い物を肯定するためにも工夫はとても大事です。

以上、まとめると

細かいところまで情報を確認して、多少の短所は自分で工夫して補って、たまに失敗しても気にしない、笑い飛ばす、そして失敗から学ぶというのがネット通販のコツです。
今回の財布も人に見せたら「x万円くらい?」と言われたりして、そういうときは少し快感を覚えたりします。楽しめそうな人は是非ネット通販で安価な買い物をしてみるといいと思います。

ただまあ、これだといつまで経っても高価なものを買えないので、次に財布を買うときは多少高価なものを買おうかなと。また10年後くらいになるかもしれませんが。物持ちがいい。

作者とか鑑賞とかどうでもいい

風の谷のナウシカ』の感想を人に話していた時のことを思い出してふとわかったのだけど、例えばナウシカだったら、自分の感想には「宮崎駿」が出てこない。
穂村弘の『絶叫委員会』はエッセイだったから(また穂村弘に自分が似てると人に言われたから尚更)「穂村弘」の名前が出てきたけど、完全なフィクションの感想には作者が出てこないんだなと思った。自分の場合。
昨年は珍しく『君の名は。』という映画を映画館で見て、個人的にはかなりよかったのだけど、あの映画についての他人の感想で「新海誠」が出てくると、「なんで今その話するの?」みたいに思ってしまう。
自分が創作しない人だからなのか、誰がどんな考えで、どんな意図をもって作ったかとか完全にどうでもよくて、作られたものそのものがどうなっているか、あるいは観賞等を通じて自分がどういう体験をしたかにしか意識が向かない(いやそれすらそんなに向く方ではないのだが)。

と、ここで今さっき「かんしょう」を「観賞」と変換するか「鑑賞」と変換するかで迷ったのだけど、検索してみたらあるページに次のように書いてあった。

「観賞」の「観」の字には「見える」という字が入っている。
だから、その対象は見えるもの(=自然に存在する風景や動植物など)
〔中略〕
「鑑賞」の「鑑」の字は「良し悪しを考えて見分ける」という意味がある
だから、音楽や映画など人の手を加えた芸術作品に対しては「鑑賞」を用いる

「観賞」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについて ~同じ草花でも「観賞」も「鑑賞」も使う | コトバノ

だとすると、自分は芸術作品も「観賞」しかしていない気がする(ので「観賞」を採用した)。見ながらいちいち良し悪しなんて考えていない。そんなメタ的な思考をする余裕があるような作品は、自分にとってはどうでもいいものかもしれない。もちろん後から考えることは理論的には可能だけれど、大概そんなことはどうでもいいのだ。観賞体験がよかったら尚更。
そういう場合には他人の鑑賞による批評はあまり聞きたくない。作品だけでなく、自分の体験すらも評価されてしまうようで。それにどうせ話も噛み合わないだろうし。

そんなわけで、趣味というのは共感を求めるものなのかと言えば、自分は必ずしもそうだとは思わない。いくら人が「まずい」と言う食べ物だって、結局自分で食べてみないとおいしいかまずいかわからない。いいから黙って食え。