なぜ時間は一方向にしか進まないか、とは?

これを読んで考えたことを、他のところに書いたけど、ここにも転記しておく。

全然よくわからない。

「熱いコーヒーが冷める」という方向の運動変化が可能なら、その逆方向の運動変化も可能であるはずなのが量子力学なのだとして(この理解も合ってるかわからないが)、そこで問題になっているのは時間そのものの流れる方向ではなく、あくまで運動変化の方向ではないのか。「あたかも時間が逆方向に流れたかのような」運動変化の方向、というだけの話で。
だとしたら、そこで扱える問題は「なぜある種の運動変化は一方向にしか進まないのか」なのであって、「なぜ時間は一方向にしか進まないのか」という問題は関係ないのでは。

そもそも、本当に時間そのものが逆方向に流れたら…というケースを考えるのは極めて困難だと思われる。

上記の「あたかも時間が逆方向に流れたかのような」運動変化というのは、例えば熱いコーヒーが冷める様子を映した映像を逆再生した場合に、そこに映って見える運動変化のことだと言ってよいかもしれないけど、この場合、映像を通してコーヒーの運動変化を見る人は、いわば映像世界の外からそれを見ており、その人は映像の再生の方向(映像世界の時間の流れる方向)から独立した世界にいる。つまり、コーヒーの運動変化を見る人のいる世界の時間は、逆方向に流れてはいないのである。

それに対して、本当に時間そのものが逆方向に流れているというのを考えようと思ったら、それを考えようとする人のいる世界の時間が逆方向に進んでいるというケースを考えなければならないのではないか。
これを頑張って考えようとして、例えば熱いコーヒーが冷める様子とその脇でコーヒーを観察している人の両方を映した映像を逆再生する場合を考えてもいいかもしれない。そうすればその映像世界は時間が逆方向に流れる。そして、時間そのものの逆進を考えようとしている人は、自らを、その映像の中に映っている、コーヒーの脇にいる人物の立場に重ねようとする。
しかしこれは困難である。いったい、逆再生された映像の中の人にとって自分のいる世界の時間が逆に流れていることがわかるのか、わからないのか、それすらもわからないように思える。

しかしそう考えると、映像が(逆でなく順)再生されている場合も、映像の中の人にとって自分の世界(映像世界)の時間が順方向に流れていることがわかるのかどうか、わからない気がする。
けれど実際自分は、順と呼ぶか逆と呼ぶかはともかく、少なくとも一定の方向に流れる何かの中で生きているような感じがする。時間の向きなのか、それとも別の何かの向きなのかはわからないが(そもそも時間に向きはあるのか。そもそも時間はあるのか)。ともかく、これとは逆向きの生の実感というのは考えがたい。

全然わからない。