結婚おめでとう

昨日は学部時代の後輩たちの結婚式の2次会(+3次会、4次会)に行ってきました。招待してくれて嬉しかった。

いままで名前だけ聞いたことがあって喋ったことも面識もないような学科の後輩とか、新郎新婦の学科関係以外の友人で昨日初めて会った人とか、そういう人たち何人かと楽しくお話しできたので自分としても本当によかった。

まあそれより何より、新郎新婦の結婚を祝う場にいられたことがとにかくよかった。新婦が「生まれてきてよかった」と言っていたのが印象的だった。

2次会の中で、グループを組んで代表者が1分間スピーチを半即興でやるというコーナーがあった。自分のグループは「祝う」というお題が与えられていて、スピーチは他の人が代表者としてやることになったのだけど、「祝う」というテーマについては、前から思うところがあって、別のところでもちょこちょこ書いていたので、自分が代表者に指名されたらこういうことを言うかなあ、というのをここでも書いてみよう。

お祝いの時は「おめでとう」と言うけど、例えば「誕生日おめでとう」と人に言うのは「一つの歳を生きながらえることができてよかった」と言ってるのと同じなのではないかと思ったりする。同様に「結婚おめでとう」は「結婚してよかった」、もう少し具体的に言えば「一生添い遂げられると思える人と一緒になれてよかった」と言うのと同じ。

で、誕生日とか結婚とか、そういう人生の局面に対する「おめでとう」は、結局のところ相手の人生を肯定するものだと思う。つまり、「あなたが生まれてきてよかった」ということ。その意味で、新婦自身が「生まれてきてよかった」と言ったことはとても心に残った。自分で自分の人生に「おめでとう」と言えるのは奇跡的なことだと思うから。

自分はというと、自分の人生を日々むなしく過ごしていて、楽しい出来事があってもむなしさは刹那的にしか消えない感じがするので、自分の人生に「おめでとう」とはなかなか言えない。そういう主観的なむなしさは置いておいたとしても、人生苦しいことやつらいことはままあったりして、生きるのはしばしば大変でもある。

そう考えると、自分が他人の人生に「おめでとう」と言うのも、若干欺瞞的な感じがしなくもない。少なくとも自分は自分の人生に「おめでとう」とは言えないから。もちろん、「自分の人生はめでたくないが、ある他人の人生はめでたい」というのも十分ありうることだから、別に欺瞞ではないかもしれない。自分の人生と他人の人生はある種の価値が異なるかもしれない*1

とはいえともかく、自身の人生にむなしさを感じ(続け)るということは、誰にでも起こりうることだと自分は思う。一般化しすぎな言い方かもしれないが、人生はむなしい。しかしだからこそ、自分は「生まれてきてよかった」と言えた新婦と新郎の結婚に、人生に、たとえ欺瞞的であったとしても全力で、「おめでとう」と言いたいなあと思う。むなしく感じられない人生という奇跡を後押しするために。

結婚おめでとう。

…これ絶対1分じゃおさまらないから、スピーチ引き受けなくてよかった。

*1:人権は等しくなければ困るけど。